加計学園問題について考えてみる

前文部科学事務次官の前川氏の発言で国会が揺れている。 問題の焦点は、 「安倍の友人 加計学園理事長である加計孝太郎氏に便宜が図られたかどうか」 になっている。 国会の場では野党が(政策の骨子を決め議決する力を持つ)与党の不備・不貞を問いただす事で法案の是非を問う構図。 まぁ与野党の気持ちは分からないでもないが知るべき本質は、 「認可した経緯として何故、今 獣医…

続きを読む

トランプの次はマイク・ペンスが大統領になる?

トランプは何時まで持つだろうか? 弾劾されるか辞任すれば通常の手続きだとペンス副大統領が昇格という事になる。 18日に上院外交委員会の公聴会で所信表明したハガティ米次期駐日大使と合わせて調べておいても損はないだろう。 集めたデータは少ないが、この二人がタッグを組むことになれば おそらく日本に米国車輸入を迫ってくることが予想される。 もしくは対米投資(日本企業のアメリカ進出…

続きを読む

思考と記憶が邪魔をする

[写真は蔵出し] 人は起きている時間の半分以上は今現在の状況でなく別の事を考えているという。 その思考がマイナスの側面だとしたら ある程度は今後起きるであろう問題に対する予めの対処と言える。 でも考えが過ぎればキリが無くなり思考の渦に飲み込まれてしまう。 歩いていて100歩先の電柱に ぶつかる事を気にして、目の前の段差に つまずいて転んだら それは考え過ぎだし…

続きを読む

日本への反ダンピング関税に関連してトランプ政権を調べてみた

日本への反ダンピング関税に関して米国商務省長官と通商代表と鉄鋼業との関連を調べてみた。 日本の経済産業省に当たる商務省の ウィルバー・ロス長官(以下 ロス長官) 日本の経済産業大臣に当たり閣僚級で大使権限も持っているのがアメリカ合衆国通商代表部の ロバート・ライトハイザー通商代表(以下 ライトハザー代表) 彼らを調べてみると鉄鋼業に関して過去に関わりがある事が分かる…

続きを読む

北朝鮮は何故今日ミサイル発射に踏み切ったのか

しばらく成りを潜めていた北朝鮮だが、今日の5時半ごろ日本海に向けてミサイル発射を行った。 日本の経済的排他水域の外に落下したとの見込みだが、これが北朝鮮の目標設定通りだとしたら北朝鮮の中距離ミサイルの精度が高い事を意味する。 昨日は先の投稿でも取り上げた通り「弾道ミサイルの発射に向けた動きがあった」 一方でノルウェーで元米高官と会談した北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)米州局長が帰国…

続きを読む

ナイジェリアでのテロは憂慮すべき問題

ナイジェリアは産油国でありアフリカの経済大国、GDPが高く世界でも24位前後。 人工は日本よりも多く1億7千万人以上。 だが国連のPKO対象国でもあり派遣人数は第六位。 日本のODA対象国であり電力の安定供給やテロに対する対処に関しても援助を行っている。 この国の一番の問題はテロ組織ボゴ・ハラム。 ボゴ・ハラムはナイジェリアの言葉で「西洋的なものは罪」を意味する。 …

続きを読む

北朝鮮問題解決法について勝手に考えてみる

[個人的な意見です] 北朝鮮問題の焦点は「核・ミサイル開発を止めさせる」事に尽きる。 障害の一つは金正恩が北朝鮮に存在する事。 中国やロシアにも配慮して北朝鮮という国の形を維持しつつ武力行使以外の方法で解決するには、 金正恩が北朝鮮から居なくなり中国やロシアが納得するような金正恩の代わりのカリスマを擁立することだろう。 私が考える策の一つは、 金正恩を亡命させ北朝…

続きを読む

トランプは、どこかで軍事行動を起こす

[個人的な意見です] トランプが米国で行っている政治は滅茶苦茶に見える。 防衛費や安全保障費を540億ドル(前年比約10%分)増やし かつ法人税を35~20%に引き下げるとしている。 その他にメキシコとの国境の塀の建設費も計上していたりして財政赤字が増すのが目に見えている馬鹿げた政策をとろうとしている。 こんな状態なので就任後100日目の支持率は史上最低。 そんな中で米…

続きを読む

北朝鮮問題を考える

[個人的な意見です] 先日の投稿の通り北朝鮮問題は今のところ先が見えない。 だが北朝鮮(と言うか金正恩)は昨日行った軍事演習や核実験は行ってもミサイル実験は控えるだろう。 仮にミサイルを発射したら米国としても何もしないわけにはいかなくなる。 金正恩もその点は分かっている筈。 「大量破壊兵器を廃棄させられた後で攻め込まれ処刑されたサダム・フセインの様になりたくない」 …

続きを読む

北朝鮮問題にも関わるウクライナ問題

[個人的な意見です] 北朝鮮問題は未だ解決の芽は見えないものの国連安保理の北朝鮮非難声明と北朝鮮の外交委員会設置で対話の可能性が出てきた。 こうなると日本としては紛争絡みで関わってくるのがウクライナ問題である。 ウクライナはヨーロッパとロシアの間にある旧ソ連の一共和国だった国。 最近ではクリミア半島のロシア併合、少し昔ではソ連解体後の核爆弾流出問題で騒がれた国で現在もロシアと…

続きを読む