高速で乗用車が中央分離帯を乗り越え激突


ニュース+独り言

10日午前 愛知県新城市の東名高速道路で下り車線走行中の乗用車が中央分離帯を飛び越え上り対向車線走行中の観光バスに衝突した。

10日夕方の段階で乗用車を運転していた62歳の医師が死亡したほか、バスの乗客ら45人が怪我をしたと報じられた。 

産経WESTでは関連記事の2ページ目にバス搭載のドライブレコーダー映像を公開している。
[以上ニュース]

[独り言]
ドライブレコーダーの映像は衝撃的だ。

猛スピードのままで中央分離帯のフェンスにぶつかり乗り越えてくる乗用車。

バスの運転手が例え制限速度を守っていても それが時速50kmの最低速度だったとしても避けることは不可能だっただろう。

私も半年ほど前から前後記録タイプのドライブレコーダーを使っているが時々チェックしてみて思うのは、

高速道路で私が走行車線を80km/Hr前後で走り、そこへ追い越し追い抜きした車が私の前20m内外で走行車線に入ってくる事が多々ある。

それですらヒヤッとするシーンがあるのに対向車が飛んで来たとなれば 空恐ろしい。
[以上独り言]

[お知らせ]

当BLOGはアクセス速度向上などのため引っ越ししました。

新規投稿記事だけでなく過去の記事も含めて引っ越し先BLOG>http://photofess.com/entropy/ を御贔屓頂けますようお願い致します。

御手数ですがBookmarkやお気に入り登録をして頂いている方は変更頂けますようお願い致します。m(__)m

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック