ISはラマダン中でも戦いを止めないと宣言


ニュース+独り言

ラマダン中でも戦闘を止めないと宣言したISのテロが止まらない。

5月30日にはイラクのバグダットで爆弾テロ

5月31日には声明は出ていないがアフガニスタンのカブールで爆弾テロが起きている。
(タリバンは関与を否定)

バグダットでは26人が死亡、100人以上が負傷しカブールでは90人が死亡し400人以上が負傷した。
[以上ニュース]

[独り言]
犯行声明が出ていないがイスラム教の宗教行事であるラマダン期間中にテロを行っている事から ほぼISが関与しているだろう。

特徴的なのはアフガニスタンとイラクの各々の首都で起きている事。

いずれの国も米国主導でテロ殲滅のための戦争を起こし現在も米正規軍が展開している場所である事。

ISは追い詰められているものの今回のような大規模な爆弾テロを厳戒態勢下と言える場所で起こす事が出来るというのが意外だ。

それともラマダンにも関わらずテロ行動を起こすほど追い詰められているとも言えるのだろうか。
[[独り言]]

[お知らせ]

当BLOGはアクセス速度向上などのため引っ越ししました。

新規投稿記事だけでなく過去の記事も含めて引っ越し先BLOG>http://photofess.com/entropy/ を御贔屓頂けますようお願い致します。

御手数ですがBookmarkやお気に入り登録をして頂いている方は変更頂けますようお願い致します。m(__)m

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック