ノンオイルフライオーブンで調理してみた


楽天市場 murauchiで13日にネットショッピングしたノンオイルフライオーブンが18日の夕方に届いた。


焼き鮭、食パン、鳥の唐揚げを調理してみたが結果は、

『星五つが最高としたら☆☆☆☆』

鮭は中までしっかり火が通っているのに箸を当てるとサッとほぐれる。

食パンは凍らせておいたものを予備加熱無しに調理開始したが問題なく表面は焦げ目がついて中はシットリとして美味しい

鳥の唐揚げは油を使わず調理するが肉自体の油で自らを揚げているので表面パリッと中身ジューシーで嬉しい食感。

基本的な感情としては悪くない、と言うか良い。



操作は簡単で扉に書いてあるメニューに載っている調理なら、

RIMG2027.jpg

1)電源on
2)メニューon
3)ダイヤルで数字を合わせる
4)ダイヤルの中心を押すと調理スタート

パンの場合は2項でメニューではなく左横のトーストボタンを押すだけ

メニューに無い調理も温度設定(6段階)、調理時間(30秒刻みで最大30分)、ヒーター上下をどう使うか、温風を使うか使わないかの4つを設定してスタートボタンを押すだけ。

これで大好きな唐揚げもダイエットを見据えながらも満足するまで食せると言うものだ(?)



追申

注意しなければならないのは器械周辺が熱くなる事で言ってみれば仕方がない事なのだが この点で星を一つ減らす評価。

説明書を見ると↓
RIMG2040.jpg

周囲にスペースを開けることを指定しているが、こういったオーブンでは当然の事。


説明書に書いてある通り、内部の網や油受け皿などを水洗いしてから乾燥させて230℃20分のカラ焼きを行った。

そのとき周辺温度を確認すると、天板は20分で55℃超え!

直接触ると火傷は必至。


周辺気温23℃でカラ焼きスタート↓
RIMG2014.jpg

左右側面は上側の空気抜きより下なら触れても大丈夫なレベル。↓
RIMG2034.jpg

直接触れていないが底面も、それほど熱くならない。

問題は前面と裏面と上面が触れると火傷をするほど熱い事。

上面は55℃超↓
RIMG2038.jpg

器械を置く場所の周囲がある程度囲まれていれば大丈夫だと思うが私の家の場合は剥き出しなので危険。

急遽手持ちの部品を組み合わせて周囲を囲うことにした。↓
RIMG2042.jpg
(この後、木の板を器械の上側に固定して直接素手で触れないようにした)



追申2

私が購入したmurauchiは既に品切れの様子。

↓あらためて調べてみると楽天市場
↓TAKEYAオンラインショップが最安値で関東送料込みで9240円(2017/5/19現在)

ドウシシャ DCO-1401-MSR マイコン ノンオイルフライオーブン 【DOSHISHA PIERIA DCO1401】

価格:8,460円
(2017/5/19 16:22時点)
感想(0件)






日記・雑談ランキング


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック