トランプの機密漏えいの言い訳が幼稚

昨日も投稿したニュース関連の話しだが、トランプは機密漏えいに関して大統領権限が有る事を主張してホワイトハウスは弁護に躍起だ。

身内の与党共和党内からも議会での説明要求が出される騒ぎに発展している。

ニューズウィークの記事では「トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢」とある。
[以上ニュース]

[独り言]
これが事実ならトランプは やっぱりアホだ。

同盟国 それもイスラエルの情報を伝えるという事はロシアを通じてシリアのアサド政権に伝わる可能性が極めて高い事を示す。

シリアの現アサド大統領の残忍性は今や親譲りで、現在も軍事刑務所での虐殺疑惑がある。
(父親のアサド大統領時代の事、シリア国内で政治の中枢まで近づいていたイスラエルの諜報員エリ・コーエンを捕えたとき拷問の末、首都ダマスカスで絞首刑にしイスラエルから生きたシリア人捕虜数人とコーエン氏の遺体交換を持ちかけても応じなかった狂気の独裁者)

そもそも米軍空爆の(トランプいわく人道的)理由を作った、毒ガス兵器を使ったかもしれない相手に今また非人道的行為を行わせるかもしれないキッカケを自分が作っている可能性を恥じない態度は如何なものか。

トランプを恐れるがゆえに緊張が続いている北朝鮮問題を早期に解決するためにもトランプに辞任してもらった方がいいかもしれない。
[個人的な意見です]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449969430

この記事へのトラックバック