米・トルコ首脳が会談

両首脳は会談後の共同記者会見で過激派組織IS=イスラミックステートへの対応で連携する事で両国の堅固な関係を強調したもよう。

ただトルコはシリアに展開するクルド人民防衛隊(YPG)に米国が武器供与する事に対し撤回を求めた。

またトランプはテロ組織に関与した疑いで昨年10月からトルコで拘束されている米国人牧師アンドリュー・ブランソン氏を米国に返すよう要請した。

これの、どこが堅固な関係なのだろうか。

ニュースで報じられていない中に堅固な関係を示すものが含まれているのだろうか。

関連記事

米トルコ首脳会談、テロ対策で協力確認

米トルコ首脳が初会談 ISへの対応で連携確認

米・トルコ初首脳会談 武器供与は平行線か
[以上ニュース]

[独り言]
先の投稿で米国はトルコの鉄筋に対して反ダンピング関税を決めたばかり。

その状況で握手をする映像まであるのは、どういった経緯というか心境なのか理解できない。

トルコの大統領もそうだが、トランプの思考がどうなっているのか相変わらず分からない。

それとも商務省が決めた事と自分(トランプ)が やってる事は別問題だとでもいうのだろうか。
[個人的な感想です]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449968961

この記事へのトラックバック