五月は花を撮るのに適した季節だ

RIMG1636.jpg
[サツキツツジ]

K_011569.jpg
[サツキツツジ]

昨日あたりから暖かな気候が安定してきたように感じる。

三寒四温が終わって梅雨の時期に入るまでの この間が晴れが多く熱中症と紫外線にさえ気を付ければ花も盛んに咲いていていい。

K_011781.jpg
[ムラサキハナナ]

菜花も黄色のナノハナ、白いハナダイコン、紫のムラサキハナナと長く楽しめる花で畑の様に咲いている様を貼れた光の下で見ると心も華やぐ。

IMG42801.jpg
[ウワミズザクラ]

桜も染井吉野や大島桜は終わりを告げた感じだが山桜、富士桜(豆桜)、霞桜、八重桜や枝垂桜などは少し寒い気候の場所なら、まだ少しなら楽しめる。

K_011569.jpg
[サツキツツジ]

サツキツツジは今まさに最盛期。

花びらが赤茶色に痛むのが速いので咲き始めて美しいと思える光景を見たなら後回しにせずに撮っておきたい。

K_011656.jpg
[ハナミズキ]

花の香りならミズキに軍配を上げるが、絵になるのはハナミズキの方。

サツキツツジ同様に赤茶色に花びらが痛みやすいので綺麗な花を見つけたら撮っておきたい花の一つ。

K_011518.jpg
[ジャーマンアイリス]

アヤメの仲間もイチハツ、アヤメ、カキツバタなどが咲き始めていて梅雨に向けてはハナショウブやキショウブが楽しめる

K_011818.jpg
[オダマキ]

湿った場所を好むオダマキも散りが速い花。

そんなオダマキも生息地が広いので撮影地の標高を少しづつ挙げれば長く楽しめる。

これからの季節の花は他にもクレマチス(テッセン)、藤、紫露草、カタクリ、ヒナゲシ、シラー、レンゲツツジ、ツリフネソウなどなど

機会あるたびに写真散歩で花を愛でたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449669802

この記事へのトラックバック